インプラントの耐久性

インプラント治療をしてからその耐久性はどのくらいあるのかって気になるところですが、インプラントに使われるのはチタンという金属でこれそのものは半永久的に耐久性があります。これを埋め込むことになりますが、アレルギー反応や拒絶反応がほとんどない金属となっています。さらに体内で腐食する心配もないからとても安全なものになっています。実際にとても長い方だと30年以上でも問題なく使えている方もいます。

そんな耐久性のあるチタンを使ったインプラント自体はでは一生問題ないのかというとそれは手術後のメンテナンスによっても変わってきます。手術によってしっかり固定されますが、そのままメンテナンスをせずに放っておくと歯周病の危険があります。歯周病になると歯が抜けたりしますが、インプラントも同じように抜ける危険性があります。だから、定期的に歯のクリーニングや点検を受けるのが大切になります。

そうやって定期的にメンテナンスを受けることで安定して長く使用できるようになりますよ。手術のあとにはしっかりメンテナンスを続けたいですね。

ローズ歯科医院アミュプラザ 鹿児島 インプラント