ベースメイクにひと工夫

疲れた顔って、人には見せたくないですよね。
でも、目の下の皮膚は薄いので、ちょっとの疲れや寝不足で、すぐにクマやむくみが現れてしまいます。

そんな時には、コンシーラーが便利です。
コンシーラーを少しづつ目の下につけて、軽く指で押す感じで伸ばしていきます。
その上にファンデーションを塗ってあげると、目元が明るくなってイキイキした顔になります。

肌全体のくすみ、あるいは火照った肌には、ピンクのコントロールカラーで補正すると良いです。
さらに、地色より少し明るめと暗めの2カラーを用意して、ふっくら見せたい部分は明るいカラーで、すっきり見せたい部分は暗めのカラーを地色と一緒に塗れば表情が変わります。

また、パウダーもオススメです。
ファンデーションを塗った後に、パフにパウダーをたっぷりつけます。
そして、パフを良く揉んでなじませて、余分な粉を落としてから、押さえるように肌に薄くつけていきます。
パウダーをつけ過ぎると、シワの原因になりますので、綺麗に見せるなら、粉っぽくならないようにするのがポイントです。

パウダーは水に溶けないものを選び、ブラシは天然の毛を選ぶと良いです。

  youtube 動画配信