お中元に出遅れた場合

中元を夏ギフトするのが想定よりかなり遅くなってしまった時は表書を変えます。七月十六から立秋(8月七日または8月8日)まで「暑中お見舞い」として、それ以降の8月31日までは(西ジャパンでは八月15日までは中元)「残暑見舞」としておくります。価格の相場ですがセオリーでは¥3000から五千円ぐらいと言われますねだいたい。
価格は普段世話になっているレベルによって変化してくるというのが定説で親や知人なら3000円、会社の恩師と呼べる人なら五千円、更にお世話になった人ならそれより上ってのが最近の主流じゃないのかなと感じています。
(しかしながらこの辺の事は人によって考えや感じ方が違うと思います)。
あまりにも値段が高い物を選択しすぎると先方が気分的に重いなぁ・・・と思うケースもあるのでそういった事にも気を配りましょう。

お中元というのはドウキョウを始めとする年中の行事のことである。元々は古の暦で七月15日ですが日本の中では新暦七月十五日または8月15日とされており、ほぼこのころに普段面倒を見てもらっているピープルに感謝の意を表してギフトを贈ったりするならわしです。

お中元 スイーツ