肌は夏でも乾燥する

肌は夏でも乾燥するのです。
肌の乾燥といえば冬のイメージがありますが、冬以外の季節でも乾燥します。

肌の表面にある角質層は、肌の水分を保ち外部からの刺激を防いでくれる箇所です。
バリア機能をいわれる機能を持っているところです。
肌の潤いが失われるとバリア機能が低下します。
外部からの刺激を防ぐ機能が低下してしまいます。
また、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

肌が夏でも乾燥するのは、肌のターンオーバーが乱れることが一因です。
ターンオーバーとは新陳代謝のことです。
ターンオーバーが乱れる原因の1つは加齢です。
加齢によってターンオーバーが乱れ肌が乾燥しやすくなります。
加齢以外の原因は、生活習慣の乱れやストレスです。
生活習慣が乱れ睡眠時間が短くなったり、食生活が偏ったりすることが原因となります。
食生活の偏りによってビタミン類の摂取が不足すると肌に影響を与えます。

他には紫外線が挙げられます。
春から秋にかけて紫外線が強くなります。
紫外線は角質層に直接影響を与えバリア機能を低下させます。

他にもエアコンが肌が乾燥する原因となります。
暖房なら乾燥するイメージがありますが、冷房でも肌は乾燥します。
暖房せよ冷房にせよ室内の湿気を外に放出する特徴がありますので、空気が乾燥することで肌に影響を及ぼします。

入浴も注意が必要です。
入浴後は肌が乾燥しますので、適切なスキンケアが必要です。
あと、石鹸やシャンプーによっては肌の脂質を余分に洗い流してしまうものがありますので、肌が乾燥することがあります。

このように冬以外の夏などの季節でも肌は乾燥することがありますので、ご注意下さい。

脂漏性皮膚炎による頭皮の乱れをシャンプーで改善する