野菜不足によって出る症状

野菜は毎日の健康のためには欠かせない食べ物です。体のためになる栄養素がたくさん含まれていますし積極的に食事に取り入れたいものです。そんな野菜が不足することによってどのような症状が出てしまうのでしょうか。

・便秘になる
理想的な野菜の摂取量は1日に350グラムほどだそうで、その中から食物繊維を20グラムほど摂取できることが目標とされています。しかし多くの人が5〜10グラムほど不足しているというデータがあるようです。

・貧血になる
貧血は主に鉄分の不足によって引き起こされます。血液中の赤血球の中にあるヘモグロビンが減少することによって体内に十分な酸素がいきわたらず、酸素不足の状態になります。

・イライラを招く
カルシウムが不足することによってイライラしてしまいます。カルシウムには骨や歯を作るといった代表的な働きがあるほかに、神経の興奮を抑制する作用もあるそうで、不足することにより神経過敏になりイライラしたり怒りっぽくなったりすることがあるようです。

代表的な例をあげましたが、野菜にはこのほかにも体に必要な様々な栄養素が含まれています。野菜嫌いな方も多いと思いますが好き嫌いをなくし、積極的に野菜を食事に取り入れていきましょう。

サンスター粉末青汁の口コミ