成績が上がる家庭教師は何が違う?

家庭教師には成績がをきちんとあげられる教師とそうでない教師がいます。その違いはどのようなものかご説明しましょう。

勉強というのは毎日の積み重ねです。しかし、家庭教師というものは、毎日家に来てもらえるものではありません。週に1,2回だと思います。見てもらえる時間は約2時間ぐらいです。

たったそれだけの時間でどのくらいの勉強を見てもらえるのか考えてみましょう。学校の勉強の1週間分をたった2時間で出来るようにさせるのは、無理なことです。そこで大切なのは、教師がいない日の宿題の出し方が重要になります。

まず、きちんとその子に合ったレベルの宿題を適量で出せるのかを見て下さい。そして、どこからこぼれていて、これからどのように引き上げていくのかを自分の考えをしっかりと言える教師を選びましょう。

来ている時間だけをだらだらと教える教師に習っても伸びることはありません。いつごろまでに、テキストをどの辺まで進め、試験の点数をどのように上げていくのかなど明確な考えを持っている教師が良いです。

成績が上がるのは、すぐではありません。ある程度効果が見えてくるのが、早くて2.3か月後だと思います。しかし、効果が期待できる頃までに、自分の家庭教師が出来る人かの判断は大変難しいです。

本当のベテランだと、最初に見てもらったときに子供のレベルなどがある程度わかるはずですので、それを正しく判断できる教師であれば全てお任せでも大丈夫ではないでしょうか。
参考:家庭教師は受験の味方!相場・比較・口コミ情報

教師と生徒のつながりは信頼関係がないと、続きませんし、成績も上がることはありません。最初に話をきちんときいて納得がいく教師を選ぶようにしてください。