歯科衛生士と歯科助士

歯医者さんに通院して治療を受けている時に、歯科医師と一緒に歯科衛生士さんが治療に当たってくれます。
しかし、歯科衛生士さんと歯科助士さんという方がいらっしゃいますが、同じ仕事をするのでしょうか。

歯科衛生士さんと歯科助士さんというのは違うのです。

歯科衛生士さんは国家資格を持っています。
歯科衛生士さんは、短大か専門学校を2年間通学し卒業後に国家試験を受験し合格し資格を取得しているのです。
国家資格を持っていますので、患者さんのお口の中を触ることができます。
例えば、歯石を取り除いたり、歯のクリーニングやメンテナンスをすることができるのです。

一方で、歯科助士の国家資格はなく、民間の資格がありますが、これを持っていなくても歯科助士さんには成れます。
しかし、国家資格を持っていませんので、患者さんのお口の中を触ることはできません。
唾液の吸引や歯科医師のサポートをしています。

歯医者さんの求人広告を見ると、実は歯科衛生士さんを募集している場合と歯科助士さんを募集している場合とでは求めている人材が違うのですね。
他にも、歯科医院にいくと歯科衛生士さんの情報を掲示しています。
外見は同じように見える歯科衛生士さんと歯科助士さんですが、仕事の内容が大きく違うのですね。

歯を白くする歯磨き粉がある