1980年代に流行した男性の髪型とは

1980年代に流行した男性の髪型とは一体どんな髪型だったのでしょうか。
年代によってそれぞれ特徴のある髪型がありますよね。

1980年代に流行した男性の髪型に、テクノカットがあります。
テクノカットとは、グラデーションボブのグラデーションの所を刈上げる髪型です。
テクノミュージックというジャンルを確立したグループのメンバーがしていた髪型です。
次に、リーゼントがあります。
今でも、一部のロックな方が愛用している髪型です。
前髪を高くして後ろに流し、横の髪も後ろに流す髪型です。
当時はちょっとヤンキータイプの方が多くやっていた髪型です。
次が、80年代に人気のあったアイドルグループのメンバーがやっていた髪型です。
前髪を長く不揃いにした髪型です。
最後が、ツーブロックです。
ここ数年復活してきた髪型でもあります。
刈上げ部分がボブの内側まで入り込んでいて、ボブの部分と刈上げ部分が2つに分かれるようになっているのでツーブロックと言われました。

このように、当時から今日まで愛用されている髪型や復活した髪型もあります。
一方で、当時しか流行しないでその後見受けれらなくなった髪型もあります。
髪型は個性ですから、流行にとらわれることなくご自身がお好きな髪型をしてゆくのが一番いいのではないでしょうか。

AGAスキンクリニックでカウンセリングを予約して話を聞いてみる